連載
» 2022年03月15日 05時00分 公開

Windows 11非対応のPCにWindows 11を配布したらどうなる?企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(120)

企業では、Windows Server Update ServicesやWindows Update for Business、Microsoft Intune、その他のOS配布ツールを使用して、Windows 11をクライアントPCに配布することができます。Windows 11はハードウェア要件が厳しくなりましたが、非対応のクライアントPCに誤って配布されることはないのでしょうか。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

あらためてWindows 11のシステム要件と配布方法を学ぼう

 ご存じのように、「Windows 11」のハードウェア要件は厳しく設定されています。主な要件は、サポートされているx64プロセッサ(ここ数年にリリースされたモダンプロセッサ)、UEFIセキュアブート、トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)2.0、メモリ4GB以上などです。また、32bit版は提供されないため、32bitの「Windows 10」を実行しているクライアントPCをWindows 11にインプレースアップグレードすることは不可能です。

 Windows 11の企業における展開計画については、以下に詳しいドキュメントがあります。展開を計画している場合は、必ず確認してください。

WSUSとWUfBによる展開

 「Windows Server Update Services(WSUS)」を利用している場合は、クライアントPCがWindows 11のシステム要件を満たしていれば、Windows 10の機能アップデート(有効化パッケージではない通常の大型アップデート)の場合とほとんど変わらない管理操作でWindows 11の機能更新プログラムを承認し、Windows 10のクライアントPCをWindows 11にインプレースアップグレードすることができます。

 Windows 10の機能更新プログラムとの違いは、製品として「Windows 11」「Windows 11 Dynamic Update」「Windows 11 GDR-DU」を選択して同期することです。検出されたこれらの更新プログラムをクライアントPC(グループ)に対して承認するだけです(画面1画面2)。

画面1 画面1 「Windows 11」「Windows 11 Dynamic Update」「Windows 11 GDR-DU」を選択して同期する
画面2 画面2 Windows 11の機能更新プログラム(アップグレード)を関連する更新プログラム(最新のDynamic UpdateやGDR-DUがあれば)とともに承認する。より新しい日付の機能更新プログラムが利用可能になっている場合は、そちらを選択すること

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。