ニュース
» 2022年03月29日 12時31分 公開

ジュニパーがDCネットワーク構築自動化ツールApstraで小規模DCに対応DCネットワーク移行サービスも開始

ジュニパーネットワークスは、企業のデータセンターにテクノロジー企業のようなネットワークを手間なく導入できる自動化ツール「Apstra」で、エッジを含む小規模データセンターに対応した。合わせてデータセンター移行のプロフェッショナルサービスを発表した。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ジュニパーネットワークスは2022年3月29日、企業のデータセンター(以下、DC)におけるネットワークをテクノロジー企業のような拡張性、柔軟性、管理性に優れたものに変身させるツール「Juniper Apstra(以下、Apstra)」で、小規模なデータセンターへの対応を発表した。DCネットワークのゼロトラスト化関連機能も強化した。また、ジュニパーはDCネットワーク移行のプロフェッショナルサービスも始めた。

 Apstraは、同名のスタートアップ企業を買収したJuniper Networksが、2021年初めから提供しているツールで、テクノロジー企業と同様なDCネットワークの構築を自動化する。日本ではYahoo! Japanがユーザーとして知られているが、一般企業でも利用可能。

 テクノロジー企業は、DCスイッチをリーフ/スパインの2段構成とし、BGPで拡張性を確保すると共に、EVPN-VXLANによるネットワーク仮想化を適用し、フラットなネットワークの使い勝手を実現している。だが、こうした構成は技術的に複雑で時間がかかり、間違いが起こりやすい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。