連載
» 2022年03月29日 05時00分 公開

DBエンジニアの祭典! 「db tech showcase 2021」を振り返る詳説探究!DBエンジニアが征く(4)

DBエンジニアの祭典「db tech showcase」。2012年に初回が開催されて以降、10年にわたってDBテクノロジーの変遷を見てきたイベントを主催するインサイトテクノロジーの担当者に、DBテクノロジーの変化をどう感じているか、コロナ禍におけるイベント開催の思いを聞きました。

[小林隆浩,野村総合研究所]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 本連載第3回では、日本オフィスを展開しているPingCAPのCTO(最高技術責任者)と対談し、分散SQLDBをどのように開発してきたか、そしてクラウドやDBaaSとしてどのように展開していくのかなど話を伺いました。

 第4回は2021年12月に開催された「db tech showcase 2021」のイベントレポートをお届けします。後半では、イベントを主催するインサイトテクノロジーで運営に携わった中の人たちに聞いた「コロナ禍のDB専業イベントとして、変わった部分、変わらない部分」を紹介します。

db tech showcaseとは

 DBエンジニアにはなじみ深いイベントであるdb tech showcaseは、2012年から開催されているDB専門のイベントです。2021年に10周年、そして20回目の開催という人気イベントです。RDBに限らず、幅広いデータマネジメントソフトウェアを扱っており、NoSQL(Key-Vaule、Graphなど)も取り上げられてきました。

 「その歴史は2012〜2022年のデータベースの進化と重なります」と話すのはイベントの基調講演に登壇したインサイトテクノロジーの代表取締役である森田俊哉氏です。森田氏はイベントで扱ってきたDBテクノロジーの推移を下図で解説しました。

db tech showcase 2021で取り扱われたDBテクノロジーを紹介する森田氏 db tech showcase 2021で取り扱われたDBテクノロジーを紹介する森田氏
開催年 2012年 ... 2018年 2019年 2020年 2021年
セッション数 71 ... 107 98 93 99
取り扱った
DBテクノロジーの数
10 ... 38 40 28 42
同イベントのセッション数/DBテクノロジー数の推移

 「2012年にdb tech showcaseで扱われていたDBは10個でした。その10個に含まれていた『Oracle Database』『PostgreSQL』『MySQL』『Microsoft SQL Server』は現在も利用者が多く、イベントで毎回実施しているアンケートの使用しているDBで上位4位を連続して獲得しています」(森田氏)

 上図にもあるように、2018年以降は40以上のテクノロジーが取り上げられるようになっています。「約4倍に増加したのは、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloudがマネージドな形で提供するRDBの躍進が目覚ましいためです」と森田氏は指摘します。NoSQLの台頭もありながら、現場で運用され続けているRDBMSの底力がここからも見えてきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。