ニュース
» 2022年04月18日 11時00分 公開

Microsoft、ハイブリッドワークをサポートする「Windows 11」と「Windows 365」の新機能を紹介PCとクラウドの垣根を取り払う

Microsoftは、管理、セキュリティ、生産性、コラボレーションの分野で企業顧客に提供する「Windows 11」と「Windows 365」の新機能を紹介した。企業でハイブリッドワークへの移行が進んでいることを受け、ハイブリッドワークを最適化するツールや技術の提供を目指す。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年4月5日(米国時間)、管理、セキュリティ、生産性、コラボレーションの分野で企業顧客に提供する「Windows 11」と「Windows 365」の新機能を紹介した。Windows 365は、クラウド上でWindowsが動く「クラウドPC」を利用できるサブスクリプションサービス。

 企業におけるハイブリッドワークへの移行が進む中、Microsoftは、「ハイブリッドワークを最適化するツールや技術を提供することがMicrosoftの責任であり、その中心にあるのがWindowsだ」との認識を示す。「Windows体験のイノベーションを全力で推進しており、Windows 11とWindows 365の進化によって、ハイブリッドワークを次の時代に導く」としている。

 今回発表された主な新機能は次の通り。

PCとクラウドの垣根を取り払う

 Microsoftは、Windows 11とWindows 365を組み合わせた新しい統合機能を提供する。この機能には、ワンクリックでクラウドPCとローカルPCをシームレスに移動できる「Windows 365 Switch」、ワンステップでWindows 365クラウドPCを起動できる「Windows 365 Boot」、オフライン作業でもデータを失わずに自動的に再同期できる「Windows 365 Offline」などが含まれる。

 Microsoftは、「これらのシナリオは、WindowsとMicrosoftクラウドの統合の始まりにすぎない」と述べている。

アクセシビリティーが高く、インクルーシブなWindows 11

 人々がより多くの場所でさまざまなデバイスを使って働き、より高い柔軟性を求めるようになったことを踏まえ、Microsoftは、可能な限りインクルーシブ(包摂的)で、接続性に優れ、インテリジェントなユーザー体験をWindowsで提供しようとしている。

エクスプローラーの新機能で生産性を支援

 Windowsユーザーが効率や生産性の向上を享受できるように、ファイルエクスプローラーに次の機能を追加した。

  • デザインが一新され、クラウド機能も利用可能なファイルエクスプローラーによって、探しているものがより見つけやすくなり、全てのファイルを1カ所で見ることができる
  • ファイルをピン留めしたり、タブを作成したりできるようになり、より迅速にファイルにアクセスできる
Windows 11のパーソラナイズドメニュー(提供:日本マイクロソフト

会議やコラボレーションのユーザー体験を向上

 MicrosoftはWindows 11で、AI(人工知能)が支援する会議機能も提供する。その中には、ボイスクラリティとボイスフォーカス、自動フレーミング、ポートレート背景ぼかし、アイコンタクトなどが含まれる。これらの新機能によって、「Windowsユーザー同士のつながりが促進される」としている。

アクセシビリティーに関する3つの新機能

 Windows 11では次の3つの新機能によって障害がある人々を含む全ての人を支援するという。

  • フォーカス:インフォメーションワーカーやADHD(注意欠如・多動症)の人が健康的なデジタル習慣を身に付け、より生産的になるように支援する
  • システム全体のライブキャプション:聴覚障害がある人や言語を学習している人が音声コンテンツを理解しやすくする
  • ボイスアクセス:動作に制限がある人や、手根管症候群など酷使による障害がある人が自分の声でデバイスを操作し、コンテンツを書き取れるように支援する

チップからクラウドまで、ゼロトラストセキュリティ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。