連載
» 2021年12月16日 05時00分 公開

なぜMicrosoftはWindows 11で「Microsoft Edge」をここまで強制しようとするのか?Windows 11 Trends

Microsoftが、「Microsoft Edge」による囲い込みを強化しているようだ。Windows 11では、[検索]ウィンドウの検索結果をクリックした際に、Microsoft Edgeの代わりにデフォルトブラウザを起動するようにするツールがブロックされるようになった。なぜ、MicrosoftはMicrosoft Edgeの強制化を進めるのだろうか?

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows 11 Trends」のインデックス

連載目次

Microsoft Edgeの強制化が進む? Microsoft Edgeの強制化が進む?
[検索]ウィンドウの検索結果をクリックするとMicrosoft Edgeが起動し、Bingによる検索が実行される。Google Chromeなど他のWebブラウザを起動できるようにするサードパーティー製ツールが提供されていたが、更新プログラムによって、そうしたツールの利用がブロックされるようになった。

 このところMicrosoftが、「Microsoft Edge」による囲い込みを強化している。「Windows 10」や「Windows 11」を新規インストールした後、Microsoft Edge(以下、Edge)上でGoogle Chromeをインストールするため、「chrome」で検索を実行すると、下の画面のような表示が行われるようになった。

Google Chromeのインストールを阻止したい? Google Chromeのインストールを阻止したい?
「Windows 11」を新規インストールした後、Google Chromeをインストールするため、Edge上で「chrome」の検索を実行すると、このメッセージが表示される。何とかGoogle Chromeのインストールを阻止したいという、Microsoftの意思を感じる。

 Tech TIPS「ひと手間増えたぞ、Windows 11のデフォルトブラウザ変更」で紹介しているように、Edgeから他のWebブラウザに変更する際の手順が増えており、「Edgeから他のWebブラウザに移行させたくない」というMicrosoftの意思を感じる。

 さらにWindows 11では、タスクバーにある[検索]ボタンをクリックして表示される[検索]ウィンドウで検索する場合にも、後述の通り、Edgeの強制化が進みつつある。

 なぜ、MicrosoftはEdgeの強制化を進めるのか考察してみた。

[検索]ウィンドウの検索結果をクリックするとEdgeが起動する

 Windows 10/11のタスクバーにある[検索]ボタンをクリックして表示される[検索]ウィンドウで検索を行うと、検索結果として該当するWindowsの機能の他、ファイル名に検索文字列が含まれるドキュメントや音楽なども一覧に表示される。

 加えて、Microsoftの検索エンジン「Bing」によるWeb検索の検索候補も表示される。この検索候補をクリックすると、デフォルトのWebブラウザに関係なく、Edgeが起動し、Edge上でBingを使った検索候補の検索が実行される。

[検索]ウィンドウの検索結果をクリックする(1) [検索]ウィンドウの検索結果をクリックする(1)
タスクバーの[検索]ボタンをクリックして表示される[検索]ウィンドウで検索を行うと、Windows 11のコマンドやアプリだけでなく、Webの検索結果も表示される。
[検索]ウィンドウの検索結果をクリックする(2) [検索]ウィンドウの検索結果をクリックする(2)
[検索]ウィンドウで表示されたWebの検索結果をクリックすると、Edgeが起動し、Bingによる検索が行われる。

 これは検索候補をクリックすると、一般的な「https://」リンクではなく、「microsoft-edge://」リンクによる呼び出しが行われるためだ。この「microsoft-edge://」リンクに関連付けられている(既定のアプリとなっている)のが、Edgeになっており、[Windowsの設定]/[設定]アプリでは他のWebブラウザには変更できないようになっている。そのうえ、Edge上で検索エンジンをBingからGoogleなどに変更していても、[検索]ウィンドウ経由の検索では必ずBingが使用される仕様なのだ。

 Windows OSの機能を検索すると、同時に関連するWebコンテンツやツール類も検索できるなど、便利な面もあるのだが、使い慣れたWebブラウザが使えない仕様のためか、この[検索]ウィンドウを使ってWeb検索を行う人は少ないようだ。

[検索]ウィンドウからEdge以外のWebブラウザを起動する

 Edgeが強制されるこの仕様に不満を持つ人は多いようで、[検索]ウィンドウのWeb検索候補を他のWebブラウザで開けるようにする無償ツールが幾つか提供されている。主なツールとして、「EdgeDeflector」「Search Deflector」などがある。これらのツールは、[検索]ウィンドウによる検索候補がクリックされたときの「microsoft-edge://」の呼び出しを、「https://」にリダイレクトするなどしてデフォルトのWebブラウザで開けるようにするものだ。

 いずれのDeflectorツールも、インストール後、Windows 11の場合は[設定]アプリの[アプリ]−[既定のアプリ]画面で[Microsoft Edge]をクリックし、「MICROSOFT-EDGE」を開くアプリを「Microsoft Edge」からDeflectorツールに変更することで機能するようになる(Windows 11における既定のWebブラウザの変更方法は、Tech TIPS「ひと手間増えたぞ、Windows 11のデフォルトブラウザ変更」を参考にしてほしい)。

Deflectorツールを利用することでEdge以外のWebブラウザを利用することも(1) Deflectorツールを利用することでEdge以外のWebブラウザを利用することも(1)
Deflectorツール(画面は「Search Deflector」)をインストールすると、このように初回の検索実行時に開くアプリとして、Deflectorツールが選択できる。ここで、Deflectorツールを選択することで、デフォルトブラウザなどで検索結果を開けるようにできた。

Deflectorツールを利用することでEdge以外のWebブラウザを利用することも(2) Deflectorツールを利用することでEdge以外のWebブラウザを利用することも(2)
[設定]アプリの[アプリ]−[既定のアプリ]−[Microsoft Edge]画面で、[MICROSOFT-EDGE]をクリックすると、Deflectorツールが選択できた。ここで、Deflectorツールを選択することで、デフォルトブラウザなどで検索結果を開けるようになった。

 Windows 10の場合は、[Windowsの設定]アプリの[アプリ]−[既定のアプリ]画面で[プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ]リンクをクリックし、[プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ]画面を開き、ここで「MICROSOFT-EDGE」を開くアプリを「Microsoft Edge」からDeflectorツールに変更する。

Windows 11ではEdgeでしか開けなくなった!?

 こうしたツールにより、[検索]ウィンドウの使い勝手は大幅に向上したものの、MicrosoftとしてはわざわざEdgeの利用に限定した機能が、Deflectorツールによってバイパスされてしまうのは面白くなかったようだ。

 「EdgeDeflector」の作者であるDaniel Aleksandersen氏は、Blog「Ctrl Blog」の記事「Windows 11 blocks Edge browser competitors from opening links」で、Windows 11のInsider Preview版ビルド22483とビルド22494の間で、Deflectorツールがブロックされるようになった、と述べている。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。