ニュース
» 2022年04月19日 10時30分 公開

Microsoft、AIモデルが生成したコードの正確性を向上させる「Jigsaw」を紹介AIが生成するソフトウェアの将来性と危険性

Microsoftは、AIモデルによるプログラムコードの生成性能を向上させる新しいツール「Jigsaw」を紹介した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年3月31日(米国時間)、「GPT-3」や「Codex」といった大規模言語モデルによるプログラムコードの生成性能を向上させる「Jigsaw」を公式ブログで紹介した。

 OpenAIが公開したGPT-3やCodexなどの大規模な事前トレーニング済み言語モデルは、ソフトウェア開発者が作成した自然言語の文章からコードを生成するようにチューニングでき、ソフトウェア開発者の生産性を向上させる可能性を秘めている。だが、プログラムの意味を理解しないため、生成されるコードの品質は保証されないという課題がある。

 Jigsawは、プログラムの構文と意味を理解する後処理技術に加え、ユーザーからのフィードバックを利用して、言語モデルによるコードの生成性能を向上させる。

 Microsoftの研究チームは、Jigsawによる成果をまとめた論文「Jigsaw: Large Language Models meet Program Synthesis」を、2022年5月に開催予定のカンファレンス「International Conference on Software Engineering(ICSE 2022:ソフトウェア工学国際会議 2022)」に提出し、採択されている。

AIが生成するソフトウェアの将来性と危険性

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。