ニュース
» 2022年05月09日 17時00分 公開

スタンフォード大研究所、AI動向の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開AIの成熟化を幅広い観点から分析

スタンフォード大学の研究所が、AIの進歩や影響に関する最新の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Stanford Institute for Human-Centered Artificial Intelligence(HAI:スタンフォード大学人間中心AI研究所)は2022年3月16日(米国時間)、AIの進歩や影響に関する年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開した。

 2017年から行われている同レポートの作成、公開は、HAIの独立した取り組みであり、学術界と産業界の専門家から成るAI Index Steering Committee(AIインデックス運営委員会)が主導している。

 同委員会の共同議長を務めるジャック・クラーク氏は、2021年におけるAI動向の基調を次のように要約している。

 「2021年は、AIが新興技術から成熟した技術になった年だ。われわれはもはや、科学研究の理論的な部分を扱うのではなく、実世界にプラスとマイナス両方の影響を与えるものを扱うようになった。2022年のAI Index Reportは、AIが経済に統合され、その効果が研究、導入展開、さらには資金調達に至るまで、グローバルに広がり始めていることを明らかにしている」

 AI Index Reportは、研究開発、技術的パフォーマンス、倫理、AI政策、ガバナンス、経済、教育など、幅広い観点からAIの急速な進歩を測定、評価するものだ。AIに関する議論の根拠となるデータを提供し、意思決定者が人間本位の立場から、責任と倫理を持ってAIを発展させる有意義な行動を取れるようにすることを目的としている。

 2022 AI Index Reportのハイライトは次の通り。

民間AI投資が急増、投資主体は集約化

 2021年の世界の民間AI投資額は約935億ドルとなり、前年の2倍以上に増えた。これは2014年以来の高い伸びだった。その一方で、新たに資金調達を行ったAI企業の数は、2019年の1051社から、2020年は762社、2021年は746社と減少を続けている。5億ドル以上の資金調達ラウンドは、2020年は4件だったが、2021年は15件に増えた。

民間AI投資

AIに関する国際共同研究は米中間で最も活発だった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。