ニュース
» 2022年02月28日 08時00分 公開

2022年に起こる/起こらない70の技術トレンド、ABI Researchが予測5GやAI、セキュリティなど20の分野をカバー

ABI Researchは、2022年に起こる、または起こらない70の技術トレンドの予測を公開した。5GやAI、セキュリティ、IoTなどの20の分野をカバーしている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ABI Researchは2021年12月21日(米国時間)、「70 Technology Trends That Will -- And Will Not -- Shape 2022」と題したホワイトペーパーを公開した。

 5Gや人工知能(AI)、デジタルセキュリティ、分散コンピューティング、エッジコンピューティング、IoTなど20の分野にわたって、2022年に起こると予想される35の重要な技術トレンドを挙げた。加えて、ベンダーの宣伝やメディアなどの注目をよそに、実現しないと予想される35の技術トレンドも挙げた。

 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の防止策、COVID-19のパンデミック(世界的大流行)からエンデミック(特定の地域で普段から繰り返し発生する状態)への移行、世界的な政治的緊張などが、2022年の動向に大きく影響する。例えば、2022年にサプライチェーンの問題は継続し、5Gは企業向けでは引き続き苦戦を強いられ、生産ラインには浸透せず、UWB(超広帯域無線通信)は正確な位置情報を提供するようになり、IoTモジュール市場では中国のベンダーコミュニティーが強さを維持するだろう」と、ABI Researchは述べている。

「5Gコア」「エッジネットワーク」に関する4つのトレンド

(1)エコシステムが分散化し、既存の大手企業(Ericsson、Huawei、Nokia、ZTEなど)の市場支配力が弱まる

 オープンなRAN(Radio Access Network)やパブリッククラウド、5Gコアネットワークなど、従来のエコシステムを分散化するトレンドは、製品アーキテクチャが統合設計型からモジュールスタック型へと徐々に進化することを示唆している。EricssonやHuawei Technologies、Nokia、ZTEなどの既存の大手企業が提唱する「オールインワン」アプローチは、最終的にはAltiostarやMavenirなどの新しいサプライヤーが提供する「ベストオブブリード」モジュールソリューションで補完されることになる。

 言い換えれば、業界の主要トレンドであるモジュールスタック型は、ソフトウェアベンダーがプラグ互換性のあるコンポーネントやサブシステムを販売し、購入し、組み立てる新たな機会を提供することで、業界構造を変化させる。その結果、非統合設計型ベンダーが、エコシステムの中で支配的な地位を占める統合設計型サプライヤーと競争するようになり、差別化の度合いが希薄化する。統合設計がこれまで競争上必要であったとすれば、将来は、慎重に対処しなければ競争上不利になる可能性がある。勝者となるのは、統合設計型アーキテクチャとソフトウェアベースのモジュールスタック型ソリューションの間でバランスを取るベンダーだろう。バランスを取るベンダーは、問題を解決し、価値を生み出す、きめ細かなビジネスモジュールで効果的に競争できるからだ。

(2)クラウドネイティブな5Gネットワークを構築する通信事業者が、コアネットワーク機能を仮想マシン上のコンテナとして展開し始める

 モバイルサービスプロバイダー(MSP)が、コンシューマー市場以外に成長機会を求めて、パブリッククラウドを導入する動きが加速している。この種のコラボレーションで最も興味深いシナリオは、通信サービスプロバイダー(CSP)がパブリッククラウドプロバイダーと提携し、ネットワーク以外のワークロードの運用効率を追求することだ。例えば、AT&TはMicrosoftと提携し、AT&Tのエッジコンピューティング拠点に「Microsoft Azure」のワークロードを導入している。これは、CSPがWebスケールに独自のものを提供できる最初のケースだ。こうした独占的なパートナーシップは、CSPのパートナーとしての可能性を制限する可能性がある。だが、ABI Researchは、2022年中にこうしたパートナーシップが幾つか発表されて、さらには企業の5Gアプリケーションの成功に、Webスケールの巨人が不可欠となると予想している。

 パブリッククラウドが、今後のCSPの位置付けにどのような役割を果たすのかは、まだ分からない。しかし、CSPは、何年か先まで利益を生まないかもしれないコミットメントを検討すべきだ。言い換えれば、CSPの戦略は、リスクに対する高い耐性と、クラウドおよび関連する経済モデルに関して知っていることよりもむしろ知らないことから始めるべきだ。成功する戦略は、予測不可能性ではなく、ある程度の予測可能性の上に築かれなければならない。

(3)コアネットワーク向けのパブリッククラウドは、2022年中には普及しない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。