連載
» 2022年05月19日 05時00分 公開

「AWS Systems Manager」の「SSMドキュメント」と「リソースグループ」を利用して「Amazon EC2」インスタンスにコマンドを一括して実行するにはAWSチートシート

AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、SSMドキュメントとリソースグループを利用して、EC2インスタンスに、コマンドを一括して実行する方法を紹介する。

[天野盛介,東京ITスクール]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

数台から数十、数百台のインスタンスが存在する多様な環境の管理や運用、作業の効率化に

 「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する本連載「AWSチートシート」。今回は、AWS上のインフラを統合的に管理できる「AWS Systems Manager」の「Systems Managerドキュメント」(SSMドキュメント)と任意のリソースをまとめてグループ化できる「Resource Groups」(リソースグループ)を利用して、「Amazon EC2」インスタンスに、コマンドを一括して実行する方法を紹介します。

図1 SSMドキュメントを利用して、EC2インスタンスに一括でコマンドを実行

 記事「『Amazon EC2』インスタンスの設定ミスを防ぐ『AWS Systems Manager』によるリモートコマンド実行」では、SSMドキュメントやリソースグループを利用せずに、1台のEC2インスタンスにコマンドを実行する方法を紹介しましたが、今回紹介する内容は複数台のサーバを同時に操作する、より実践的な方法です。

図2 Systems Managerの「Run Command」でEC2インスタンスにコマンドを実行

 数台から数十、数百台のインスタンスが存在する大規模な環境の構築や管理を自動化し、手動作業の手間やリスクを削減する方法として確認してみてください。

SSMドキュメントとは

 SSMドキュメントを利用すると、管理しているEC2インスタンスに対して実行するアクションを定義、管理できます。

 ユーザー独自のドキュメントを作成することはもちろん、AWSよって作成されているドキュメントを利用すると自分でコマンドを作らなくても用意されているコマンドを実行できます。作成したドキュメントのカテゴリー分けやバージョン管理はもちろん、ドキュメントを指定したAWSアカウントと共有することもできます。

手順

 今回は以下の手順で、SSMドキュメントを利用してEC2インスタンスに一括でコマンドを実行し、Apacheをインストールした後に、図3のようなHTMLページを閲覧できるようにします。

  1. 「AWS Identity and Access Management」(IAM)ロールの作成
  2. EC2インスタンスの作成
  3. リソースグループの作成
  4. SSMドキュメントの作成とコマンドの実行

図3 EC2で表示するHTMLのイメージ

【手順1】IAMロールの作成

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。