連載
» 2022年01月20日 05時00分 公開

「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させるAWSチートシート

AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる方法を紹介する。

[石田卓也,株式会社システムシェアード]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを自動構築したい場合に、CloudFormationの「カスタムリソース」を使って自動構築させる方法を紹介します。

CloudFormationとは

 公式ドキュメントでは、CloudFormationを下記のように定義しています。

AWS CloudFormationはAmazon Web Servicesリソースのモデル化およびセットアップに役立つサービスです。リソース管理に割く時間を減らし、AWSで実行するアプリケーションにさらに注力できるようになります。使用するすべてのAWSリソース(Amazon EC2インスタンスやAmazon RDS DBインスタンスなど)を記述するテンプレートを作成すれば、AWS CloudFormationがお客様に代わってこれらのリソースのプロビジョニングや設定を受け持ちます。AWSリソースを個別に作成、設計して、それぞれの依存関係を考える必要はありません。AWS CloudFormationがすべてを処理します。

 つまりCloudFormationは、「用意したテンプレートに基づいてインフラ環境を自動構築できるサービス」です。下記のような要望が上がったら、CloudFormationの出番です。

  • AWSリソースの管理、構築を効率化したい
  • 開発標準に基づいてインフラを作成、更新したい
  • リソースの依存関係やプロビジョニングの順序を確実にしたい

 CloudFormationには下記のような特徴があります。

  • 一度テンプレートを作成すれば、同じ構成を再現できる
    • 開発環境の構築
    • ブログシステム、Webシステム、ゲームプラットフォームなど、同じ仕組みでアプリやデータが異なるようなもの
  • ベストプラクティスが盛り込まれたテンプレートが使用可能
    • 複数のAZ(Availability Zone)をまたいでリソースを配置する可用性の高い構成
    • セキュリティ要件を満たす上での必須ソフト、設定が入った構成
  • 起動時にパラメーターを渡せる
    • 例えばDBのエンドポイントをEC2に渡せる

 なおCloudFormationの利用自体は無料なので気兼ねなく使うことができます(もちろんCloudFormationで立てたEC2やRDSなどに対しては料金が発生します)。

テンプレートとスタック

 CloudFormation内で出てくる「テンプレート」「スタック」について簡単に説明します。

テンプレート

 どういうリソースが欲しいかについて、JSONかYAMLのどちらかで記載したファイルのことです。依存関係や順番もまとめて記載できます。

 例えば、新しく「AWS Identity and Access Management」(IAM)ロールを作り、そのロールを使って「AWS Lambda」内で別の処理をさせたい場合、IAMが完成するまでLambdaの処理を待たせることができます。

スタック

 テンプレートから作られたリソースの集合体のことです。スタック単位で管理できるので、ワンクリックで、ひも付いた全てのリソースを削除するといったことができます。

 テンプレートとスタックは下図のような関係にあります。

 テンプレートをJSON/YAML形式で書いて、それをCloudFormationに入れることでリソースを作ります。その際にできたリソース全体をひとまとめに「スタック」といいます。

 ほとんどの場合、このCloudFormationやそれに派生する「AWS Serverless Application Model」(SAM)、「Amazon Elastic Container Service」(ECS)、「AWS Amplify」といった、より便利なサービスが登場していることもあり、インフラの自動構築はそれらで事足りることが多いでしょう。ですが、AWS側の都合なのか、SDK(Pythonなら「Boto3」)では用意されているのに、CloudFormationでは用意されていないコマンドがあります。

 そういった場合は「通常のCloudFormationの書き方では実行できないので諦めるかしかないか……」というとそうでもなく、これから紹介するカスタムリソースを使えばCloudFormationの中で実行可能です。

カスタムリソースとは

 まずは公式ドキュメントから定義を確認します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。