連載
» 2022年06月14日 05時00分 公開

Win32アプリとUWPアプリ、どっちを選ぶ? 両方ある場合の選択ポイントとメリット/デメリットは企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(126)

ビジネス向けのアプリケーションの多くは、従来のWin32アプリとして提供されています。そのため、Microsoft Storeで提供されるUWPアプリをビジネスで積極的に活用しているというところは少ないかもしれません。Windows 10、そしてWindows 11で進化し続けるUWPアプリの世界は、知らぬ間に、企業におけるアプリの配布や更新の形を劇的に変える可能性を広げています。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

「MSIX」って何ですか?

 2016年に提供された「Desktop App Converter」、そしてそれを置き換える形で2018年に登場した「MSIX Packaging Tool」は、従来型のWin32アプリケーション(Win32アプリ)の開発者に、ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリの世界への門戸を大きく広げました。

 これらのツールは、Win32デスクトップアプリを簡単にUWPアプリに変換し、新しいアプリインストーラー形式である「MSIX」パッケージを作成するものです。MSIXはアプリ開発者向けの技術であり、エンドユーザーや管理者はそれを利用することで、さまざまな利点を得られます。MSIXについて詳しくは説明しませんが、詳細を学ぶには以下の公式ドキュメントをご覧ください。

 Windowsでは、古くから、そして現在でもWindowsインストーラー形式「MSI」が利用されてきました。MSIパッケージはサイレントインストールが可能であり、さまざまなソフトウェア配布ツールとの親和性も高いです。Windows ServerのActive Directoryドメインサービスで利用可能な「グループポリシー」を使用して、Win32アプリの自動インストールやアンインストールを管理することもできます。

 MSIXとはどのような技術なのか、何ができるのか、エンドユーザーと管理者のそれぞれの視点、技術的な視点から見ていきましょう。

ユーザーにとってのUWPアプリ版の利便性

 現在、スタンドアロンインストーラーとしてダウンロード提供されてきたアプリが、UWPアプリとしてMicrosoft Storeから入手できるものも出てきました。その良い例が「Mozilla Firefox」です。

 Microsoft StoreからインストールしたFirefoxは、MozillaのWebサイトからダウンロードしてインストールしたFirefoxと、ほとんど同じように機能します。そのため、単にインストーラーがMicrosoft Storeから提供されているだけと勘違いをしている人がいるかもしれません(後述する「Adobe Reader DC」のように、そのような手段としてのみMicrosoft Storeが利用されている場合もあります)。

 従来の方法でFirefoxをWindowsにインストールする場合は、MozillaのWebサイトからオンラインインストーラー(Firefox Installer.exe)をダウンロードし、それを実行して「ユーザーアカウント制御(UAC)」で昇格を許可し、インストールするという手順になります(画面1)。

画面1 画面1 Webサイトからインストーラーをダウンロードし、UAC昇格を経て、インストーラーを実行してインストールする

 一方、Microsoft Storeからインストールする場合は、Microsoft Storeでアプリを検索して見つけたら、「入手」ボタンをワンクリックするだけでダウンロードとインストールが行われます(画面2)。

画面2 画面2 Microsoft Storeでアプリを見つけ、「入手」ボタンをワンクリックするだけでダウンロードとインストールが行われる

 通常版(Win32アプリ)とUWPアプリ版のどちらも、新バージョンへの更新は自動で行われます。ただし、通常版のFirefoxは、「Mozilla Maintenance Service」によってバックグラウンドで自動更新されるか、「ヘルプ」メニューの「Firefoxについて」を開いて手動で更新を確認します。一方、UWPアプリ版はMicrosoft Storeのアプリの更新機能により自動更新されるか、Microsoft Storeのライブラリで更新プログラムの確認を手動で実行します(画面3)。UWPアプリ版の方は「Mozilla Maintenance Service」がインストールされません。

画面3 画面3 新バージョンへの更新はどちらも自動更新だが、通常版のFirefoxはFirefox自身の更新機能(画面左)で、UWPアプリはMicrosoft Storeのアプリ更新機能(画面右)で行われる

管理者にとってのUWPアプリの利点

 Win32アプリの配布や更新管理に対応したソフトウェア配布ツールは、古くからさまざまなものが存在します。前述したように、Windowsインストーラー形式(MSI)であれば、グループポリシーだけで管理できますし、Windows対応のソフトウェア配布ツールは通常、MSIに標準で対応しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。