ニュース
» 2022年06月16日 08時00分 公開

国内10兆円まで拡大するクラウド市場、急成長の理由を探る2021〜2026年の年間平均成長率を21.1%と予測

IDC Japanは、国内クラウド市場の予測を発表した。2021年の市場規模は、対前年比34.7%増の4兆2018億円。2021〜2026年の年間平均成長率は21.1%で、2026年の市場規模は10兆円を超える見込みだ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2022年6月14日、国内クラウド市場の予測を発表した。2021年の市場規模は対前年比34.7%増の4兆2018億円、2021〜2026年の年間平均成長率(CAGR)を21.1%と見込んでおり、2026年の市場規模は10兆9381億円と予測している。

画像 国内クラウド市場の用途別売上額の予測(提供:IDC Japan

DXとデータ駆動型ビジネスが鍵、ただ注意点も

 IDC Japanによるとコロナ禍の影響で成長がやや鈍化していた国内クラウド市場は大きく回復したという。2021年の成長をけん引したのはパブリッククラウドで「2021年5月時点の想定を大きく上回る成長をした」とIDC Japanは述べている。

 「クラウドを優先的に検討するクラウドファースト戦略が企業に浸透したことや従来型ITからクラウドへの移行に関わるプロジェクト期間の短縮、要員数の増加やオファリングの拡充サービスといったベンダーの対応強化が要因になっている」(IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。