ニュース
» 2022年07月08日 13時40分 公開

クラウド技術者の平均給与は2457万円(米国)、転職で高年収実現は本当?O'Reillyが調査

O'Reilly Mediaは、企業や組織に所属する米国のクラウド担当者を対象に給与調査を実施、結果を発表した。予想よりも高年齢層が多く、転職した人の割合が高かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 メディア企業のO'Reilly Mediaは2022年6月22日(米国時間)、企業や組織のクラウド担当者(米国居住者)を対象に行った給与調査の結果を発表した。

 調査対象のクラウド担当者には、クラウドベースのアプリケーションを開発するソフトウェア開発者、クラウドプラットフォームを管理する運用担当者、クラウドサービスを利用する担当者の他、経営幹部が含まれる。

 回答者の平均年齢は47歳であり、プログラマーが43%、アーキテクトが33%、経営幹部が14%という内訳だった。

クラウド担当者の平均像は

回答者の平均給与は18万2000ドル(135円換算で2457万円)
過去1年間の平均昇給率は4.3%
回答者の20%が過去1年間に勤務先を変更したと回答
回答者の25%が転職による報酬増を理由に勤務先の変更を計画している
女性の平均給与は男性より7%低い
回答者の63%が常にテレワークをしており、94%が少なくとも週1日、テレワークをしている
過去1年間に40時間以上のトレーニングに参加した回答者は、より大きな昇給を得た

年収はどの程度なのか、転職は有利なのか

 調査の結果、年収別に見ると、15万〜17万5000ドルという回答者が最も多かった(全体の16%)。

年収別の回答者割合(提供:O'Reilly Media)

 年収が10万〜22万5000ドルの範囲にある回答者が全体の68%を占めている。最も高収入のグループを見ると、年収が30万ドル以上の回答者が7%、40万ドル以上が2.4%となっている。

 O'Reillyは、転職が高年収の一因になっていると考えている。ほとんどの分野で人材不足が叫ばれ、多くの雇用主が必要な人材を確保するために、高額な給与を提示しているからだ。転職すれば、現在の勤務先にとどまるよりも大幅な収入アップや、転職先で入社時のサインボーナスを得られる可能性が高い。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。