ニュース
» 2022年07月11日 08時00分 公開

フリーランスエンジニア向け新規案件と成約数が2022年6月に大幅増、人気職種は?アイデンティティーが調査

アイデンティティーは「IT人材市況動向レポート2022年6月度版」を発表した。2022年6月の新規人材案件は、2022年年5月から51.2%増加した。2022年6月の新規人材案件の平均希望単価は、対前月比8.1万円増の63.3万円。成約数は2022年5月と比べて69.2%増加した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アイデンティティーは2022年7月7日、「IT人材市況動向レポート2022年6月度版」を発表した。同社が運営するITフリーランスエンジニアの案件・求人サイト「テクフリ」のデータを分析した。

 2022年6月の新規人材案件は、2022年5月から51.2%増加した。職種別に見ると、「サーバサイドエンジニア」が22.5%を占めた。次いで「イラストレーター」が9.9%、「PM(プロジェクトマネジャー)」が6.3%、「Webデザイナー」「編集・ライター」「Webディレクター」がどれも5.4%だった。

職種別で最も単価が高いのは?

 2022年6月の新規人材案件の平均希望単価は、対前月比8.1万円増の63.3万円。職種別に見ると、単価の高い順に、「ITコンサルタント」が115.0万円、「SAPコンサルタント」が100.0万円、「PM」が93.0万円だった。

職種別平均希望単価(円/月)(提供:アイデンティティー)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。