連載
» 2022年07月20日 05時00分 公開

Windows Update後の「電源を入れたままにしてください」は“お願い”というよりも“警告”である山市良のうぃんどうず日記(236)

今回はWindows Updateがエラー「0x80070057」で失敗するときの可能性のある原因と、可能性のある既知の回復方法の実際についてレポートします。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

毎月のWindows Update、台数が多いと数台で何かしらが必ず起こる

 筆者は数台の物理PC(うち1台はサーバ機)と各PCのHyper-V環境にインストールされているさまざまなバージョン/エディションのWindows仮想マシン(平均して20台程度の仮想マシン)の他、「Windows To Goワークスペース」(3デバイス、※Windows 10 バージョン20H1以降サポートされなくなったことに注意)、Microsoft Azure上のWindows仮想マシン(5〜10台)を、「Bリリース」と呼ばれる毎月第2火曜日(米国時間)に当たる日本時間の早朝から、丸1日、時には数日かけて更新しています。

 しばらく使っていない仮想マシンでも、製品のライフサイクル期間中のものについては、更新作業のためだけにこの日はオンにして最新状態を維持しています。スムーズに進むときは、その日の午後の早い段階で全て完了しますが、そんな月はまれな方で、毎月数台は原因不明のエラーで失敗します。

 再試行で成功する場合もありますが、仮想マシンのチェックポイントを戻してやり直したら何の問題もなく完了したりもします。そんな非効率な作業が増えると、1日で終わらなかったりします。どうしても解決できない問題が発生した場合には、仮想マシンをいったん削除して作り直すこともあります。

 2022年6月の更新作業では、「Windows 11」の1台(正式にはサポートされない使い方である、Windows To Goワークスペース)の更新で、Windowsの累積更新プログラムだけがインストールエラー「0x80070057」で失敗するという状況に見舞われました(画面1)。

画面1 画面1 同時にインストールされた複数の更新プログラムのうち、Windowsの累積更新プログラムだけがインストールエラー「0x80070057」で失敗

 このエラーは筆者自身、以前経験したことがあり、修復方法も既知の情報として以下に公開されています。

エラーが発生した場合の回復方法は……

 このエラーの原因は、Windowsの「コンポーネントストア」の破損であり、Windows Updateのインストール/再起動中やメンテナンスタスクの実行中に、突然の電源断や強制リセットなどで発生することがあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。