連載
» 2022年07月28日 05時00分 公開

これは便利かも! チェックポイントとして手軽に使えるAzure仮想マシンの「復元ポイント」Microsoft Azure最新機能フォローアップ(175)

Microsoftは2022年7月19日、Azure仮想マシンの「復元ポイント(Restore Points)」機能が一般提供されたことを発表しました。「Azure Backup」や「Azure Site Recovery」といったこれまでの復旧ソリューションとは異なり、必要なときにオンデマンドでAzure仮想マシンのディスクをバックアップできます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Hyper-Vのチェックポイントのようにいつでも作成できる!

 Microsoft Azureで一般提供が開始された「復元ポイント(Restore Points)」は、Azure仮想マシンの仮想ハードディスク(ただし、マネージドディスク)をバックアップ保護する、新しくてシンプルな方法です。

 復元ポイントは、「Azure Backup」や「Azure Site Recovery」と同様に、Azure仮想マシンの仮想ハードディスクのアプリケーション整合性またはクラッシュ整合性バックアップを作成するもので、Azure仮想マシンのゲストOSで発生した障害からの回復、損失や破損からのデータ保護、災害復旧のために使用できます。継続的な保護を提供するマネージドサービスであるAzure BackupやAzure Site Recoveryとは異なり(例えば、Azure Backupは1日に1回または複数回)、復元ポイントはAzure仮想マシンの管理者が“任意のタイミングで手動で作成”できます。

 復元ポイントは仮想マシンごとに固有で、最大500個までの復元ポイントを作成できます。仮想マシンに対して「復元ポイントコレクション」を作成すると、最初に完全なバックアップ(復元ポイント)が作成され、その後の復元ポイントは増分バックアップで作成されます(画面1画面2)。

画面1 画面1 復元ポイントを利用するには、個別のAzure仮想マシン用の「復元ポイントコレクション」を作成する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。