連載
» 2022年08月01日 05時00分 公開

インメモリOLTPトランザクションの統計情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(132)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPトランザクションの統計情報の出力について解説します。

[伊東敏章,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_xtp_transaction_stats」における、インメモリOLTPトランザクションの統計情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)、「Azure SQL Database」「Azure SQL Managed Instance」です。

概要

 SQL ServerではインメモリOLTPを使用することで、トランザクション処理やデータ取得、データロード、一時データ・シナリオのパフォーマンスを最適化できます。インメモリOLTPでは、データアクセスやトランザクション実行は、従来のディスクベースのオブジェクトとは異なるアルゴリズムで処理されます。

 「sys.dm_xtp_transaction_stats」動的管理ビューを出力することで、インメモリOLTPトランザクションの実行に関する統計情報を確認できます。

出力内容

列名 データ型 説明
total_count bigint インメモリOLTPデータベースエンジンで実行されたトランザクションの合計数
read_only_count bigint 読み取り専用トランザクションの数
total_aborts bigint ユーザーまたはシステムの中止によって中止されたトランザクションの総数
system_aborts bigint システムによって開始された中止の回数
(書き込みの競合、検証の失敗、依存関係のエラーなど)
validation_failures bigint 検証エラーによってトランザクションが中止された回数
dependencies_taken bigint 内部使用のみ
dependencies_failed bigint あるトランザクションAが依存していた別のトランザクションBが中止されたために、トランザクションAが中止された回数
savepoint_create bigint 作成されたセーブポイントの数。ATOMICブロックごとに新しいセーブポイントが作成される
savepoint_rollbacks bigint 前のセーブポイントにロールバックした回数
savepoint_refreshes bigint 内部使用のみ
log_bytes_written bigint インメモリOLTPログレコードに書き込まれた合計バイト数
log_IO_count bigint ログI/Oを必要とするトランザクションの総数。持続性のあるテーブルのトランザクションのみ考慮される
phantom_scans_started bigint 内部使用のみ
phatom_scans_retries bigint 内部使用のみ
phantom_rows_touched bigint 内部使用のみ
phantom_rows_expiring bigint 内部使用のみ
phantom_rows_expired bigint 内部使用のみ
phantom_rows_expired_removed bigint 内部使用のみ
scans_started bigint 内部使用のみ
scans_retried bigint 内部使用のみ
rows_returned bigint 内部使用のみ
rows_touched bigint 内部使用のみ
rows_expiring bigint 内部使用のみ
rows_expired bigint 内部使用のみ
rows_expired_removed bigint 内部使用のみ
rows_inserted bigint 内部使用のみ
rows_updated bigint 内部使用のみ
rows_deleted bigint 内部使用のみ
write_conflicts bigint 内部使用のみ
unique_constraint_violations bigint UNIQUE制約の違反の総数

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。