ニュース
» 2022年08月03日 08時00分 公開

富士通に続いてNTTデータも売り上げ「1兆円グループ」入り、 IDCが2021年の国内ITサービス市場調査を発表上位5社の顔ぶれは2020年と変わらず

IDC Japanは、2021年の国内ITサービス市場のベンダー別売上ランキングを発表した。市場規模は、対前年比3.2%増の5兆8712億円。上位5社は2020年と同様に、富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、日本IBMの順だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2022年8月1日、2021年の国内ITサービス市場ベンダー売上ランキングを発表した。上位5社は2020年と変わらず、富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、日本IBMの順。2位のNTTデータの売上が1兆円を超えた。

画像 2021年の国内ITサービス市場のベンダー別売上額(提供:IDC Japan

売上額の成長率が高いのはアクセンチュア

 国内ITサービス市場の2021年の規模は、対前年比3.2%増の5兆8712億円。売上額の対前年比成長率は7年連続でアクセンチュアが最も高かった。IDC Japanは「顧客のデジタル化や、業務改革を支援するコンサルティング、設計/構築、運用、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスまでを一貫して支援する一連のサイクルが効果的に機能しており、これが成長を支えている」と分析している。

 サービスセグメント別に見ると「プロジェクトベース」の市場は、「DX」(デジタルトランスフォーメーション)関連の需要の高まりやSAP関連とクラウドマイグレーション需要の継続、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響からの回復が見られ、上位10社のうち8社がプラス成長だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。