メモリ最適化テーブルの操作行数の統計に関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(135)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルの操作行数の統計に関する情報の出力について解説します。

» 2022年08月09日 05時00分 公開
[椎名武史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_db_xtp_object_stats」における、メモリ最適化テーブルの操作行数の統計に関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)、「Azure SQL Database」「Azure SQL Managed Instance」です。

概要

 SQL ServerではインメモリOLTPを使用することで、トランザクション処理やデータ取得、データロード、一時データ・シナリオのパフォーマンスを最適化できます。インメモリOLTPでは、データアクセスやトランザクション実行は、従来のディスクベースのオブジェクトとは異なるアルゴリズムで処理されます。インメモリOLTPでは、作成時にメモリが最適化されるメモリ最適化テーブルを作成できます。

 同時に実行しているトランザクションで、同じ行を更新しようとした場合などは、書き込みの競合が発生し一方のトランザクションが失敗します。すると、トランザクションを再実行する必要があるため、頻発する場合はアプリケーションの見直しなどが必要になります。「sys.dm_db_xtp_object_stats」では、メモリ最適化テーブルの操作行数の統計に関する情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
object_id bigint オブジェクトのID
row_insert_attempts bigint データが挿入された行数
row_update_attempts bigint データが更新された行数
row_delete_attempts bigint データが削除された行数
write_conflicts bigint 書き込み競合数
unique_constraint_violations bigint UNIQUE制約違反数
object_address varbinary(8) 内部使用のみ

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。