連載
» 2022年09月16日 05時00分 公開

ダウンタイムなしでディスクサイズが拡張可能に――Azure仮想マシンのデータディスクのライブ拡張が正式サポートMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(179)

Microsoftは2022年8月31日(米国時間)、Azure仮想マシンのデータディスクのライブ拡張(LiveResize)が正式サポートされたことを発表しました。従来はAzure仮想マシンを割り当て解除状態にするか、ディスクをデタッチしてから拡張する必要がありましたが、LiveResizeによりダウンタイムなしでディスクサイズを拡張できるようになります。

[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

“LiveResize”の要件

 「LiveResize」(Azure仮想マシンのデータディスクのライブ拡張)の一般提供(Generally available、GA)のアナウンスは、以下のブログ記事で行われました。

 LiveResizeは、WindowsまたはLinuxを実行するAzure仮想マシンでサポートされます。LiveResizeを利用するには、以下の条件を満たす必要があります。そうでない場合は、従来と同じように、Azure仮想マシンを割り当て解除状態にするか、ディスクをデタッチしてからディスクサイズを拡張する必要があります。

  • Azure仮想マシンにアタッチされたデータディスク(OSディスクはLiveResizeの対象外)
  • Premium SSDまたはStandard SSD(Ultra Disk、Premium SSD v2、Standard HDDは対象外)
  • 4TBより小さいデータディスクの場合、4TBを超えてサイズを拡張することができない
  • 共有ディスクはサポートされない
  • 最新のAzure CLIまたはAzure PowerShell、Azureポータルまたは2021-04-01以降のAPIバージョンのAzure Resource Manager(ARM)テンプレートを使用すること

 LiveResizeの機能は既定では「無効」になっています。利用可能にするには、「Microsoft.Computeリソースプロバイダー」でLiveResize機能を登録する必要があります。Azure PowerShellの場合は、以下のコマンドラインを実行することで登録できます。AzureポータルのCloud Shellを利用するのがより簡単です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。