ニュース
» 2022年10月04日 08時00分 公開

デジタル庁がガバメントクラウドの対象を決定 「国内企業の応募はなし」その背景とは?MicrosoftとOracleのクラウドが追加

デジタル庁は、令和4年度における「ガバメントクラウド」の対象とするクラウドサービスを決定した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 デジタル庁は2022年10月3日、「ガバメントクラウド」の対象を「Amazon Web Services」「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」「Oracle Cloud Infrastructure」の4つのクラウドサービスに決定した。

画像 ガバメントクラウドの対象となるクラウドサービス

 ガバメントクラウドとは日本政府が利用する共通クラウド基盤のこと。デジタル庁は「クラウドサービスの利点を最大限に活用して、迅速で柔軟に、セキュアでコスト効率の高いシステムを構築可能とし、利用者にとって利便性の高いサービスをいち早く提供し改善していくことを目指す」としている。

国内企業の応募はなし

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。