ニュース
» 2022年10月21日 12時15分 公開

ムーアの法則減速で「システム設計は新時代に突入」、Googleが考える次のインフラハードウェアとは“マルチブレーン”サーバ構想、ルートオブトラスト測定の「Caliptra」など

Googleは「Open Compute Project(OCP)」のイベント「2022 OCP Global Summit」で、OCPの活動における同社の新しい重要な貢献や、オープンハードウェアエコシステムへのサポートを紹介した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2022年10月19日(米国時間)、Open Compute Project(OCP)のイベント「2022 OCP Global Summit」で講演し、サーバ設計、トラステッドコンピューティング、信頼性の高いコンピューティング、サステナビリティ(持続可能性)に関するOCPの活動における同社の新しい重要な貢献や、オープンハードウェアエコシステムへのサポートを紹介した。

 OCPは、スケーラブルなコンピューティングにとって最も効率の良いサーバ、ストレージ、データセンターなどのハードウェアを設計、提供するためのエンジニアコミュニティーだ。

 Googleは、現在のシステム設計を取り巻く状況について、以下のような見解を示した。

 「コンピューティングの需要が拡大を続ける一方で『ムーアの法則』の減速により、CPUの性能、消費電力、メモリやストレージのコスト効率の改善は、いずれも頭打ちになっている。信頼性やセキュリティなどの新たな課題も現れている中で、サーバやデータセンターインフラの設計においては、モジュール化、異種混在化、分散化、ソフトウェア定義化が進んでいる。これに伴い、分散システムもマイクロ秒規模のI/Oに対する最適化や、低レイテンシとアクセラレーターに最適化された新しいプログラミングモデルの定義が求められ、新時代に突入している」

 Googleは、新しいカスタムシリコンアクセラレーター(TPU《Tensor Processing Unit》、VCU《Video Coding Unit》、IPU《Infrastructure Processing Unit》)、新しいハードウェアやデータセンターインフラ、新しい分散システムやクラウドソリューションなど、システム設計のイノベーションにより課題とチャンスに対応してきた。これらへの対応は、業界全体で取り組むことも極めて重要だと考え、OCPの活動にも積極的に参加してきた。

 OCP Global SummitでGoogleが発表した内容は以下の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。