「TypeScript 4.9 RC」が公開、気になる機能改善の詳細は?安定版の公開は2022年11月中旬の見通し

MicrosoftがRC(リリース候補)を公開した「TypeScript 4.9」では、「in」演算子や「satisfies」演算子など、さまざまな機能改善が行われている。

» 2022年11月07日 15時30分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年11月1日(米国時間)、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 4.9」のRelease Candidate(RC:リリース候補)を公開した。TypeScript 4.9は今後、安定版の公開まで、重要なバグの修正以外の変更は行われない。安定版の公開は2022年11月15日ごろになる見通しだ。

 TypeScript 4.9では、「in」演算子による未知のプロパティの絞り込みチェックや、「satisfies」演算子など、さまざまな機能改善が行われている。

 TypeScriptは静的型付けができる言語であり、JavaScriptのスーパーセットだ。ECMA規格に従った最新のJavaScriptの機能を、古いWebブラウザやランタイムが扱えるようにコンパイルもできる。

 TypeScript 4.9 RCは、NuGetを使うか、次のコマンドラインのように、npmを使ってインストールできる。

npm install -D typescript@rc

 TypeScript 4.9は「Visual Studio 2022」と「Visual Studio 2019」のエディタでサポートされており、「Visual Studio Code」(以下、VS Code)でも利用できる。TypeScript 4.9の主な新機能は次の通り。

TypeScript 4.9の主な新機能

satisfies演算子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。