ニュース
» 2022年11月21日 05時00分 公開

DatadogがAWS向け「クラウドコストマネジメント」を提供開始 支出の変化や原因を指標化可能に新ベンダー/新製品じろじろウオッチ(1)

日本のユーザーにとって初めて触れることになる(と思われる)新ベンダーや新製品を紹介する本連載。第1回はクラウドコンピューティング向けの監視サービスを提供するDatadogが提供を開始した、クラウドの使用料と監視データを関連付けできる新製品「クラウドコストマネジメント」について紹介する。

[ANDG CO., LTD.]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 クラウドアプリケーション向け監視およびセキュリティプラットフォームを提供するDatadogは2022年11月1日、クラウドの使用料と監視データと関連付けられる新製品「クラウドコストマネジメント」の一般提供開始を発表した。使用料をアプリケーションやチームごとに自動的に振り分けて、コストの要因や変化を確認可能にする。利用者は、詳細なコストをアプリケーションのパフォーマンス指標に加えることができる。

クラウドサービスの複雑な料金の変化を捉え、コスト管理に役立てる

 多くのパブリッククラウドサービスは従量制で、多数のサービスメニューや、利用計画に応じた割引プランもあるなど、料金体系は複雑だ。しかも、複数のアカウントで多くのアプリケーションを運用している場合、アプリケーションやチームごとに使用しているリソースを明確に関連付けることは困難なため、コスト管理が課題となっていた。

 Datadogのクラウドコストマネジメントは、監視データとクラウドの使用量を統合して、開発、運用、財務などの担当が、クラウドの支出の変化や要因などの詳細なレポートを確認可能とする。Datadogプラットフォームに組み込まれているため、既存のワークフローを実行しながら、コスト意識を高めることができる。

AWS向けのクラウドコストマネジメントを提供開始

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。