「クラウド戦略はIT戦略」「出口戦略は不要」――クラウド戦略のよくある間違いとはGartnerがITリーダーのクラウド戦略を解説

Gartnerは、ビジネスリーダーとITリーダーがクラウド戦略を策定する際に、よくある10の間違いを犯し続けていると指摘し、それぞれについて解説した。

» 2022年11月24日 08時30分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 調査会社のGartnerは2022年11月21日(米国時間)、ビジネスリーダーとITリーダーがクラウド戦略を策定する際に、よくある10の間違いを犯し続けていると指摘し、それぞれについて解説した。

 「良いクラウド戦略は、10〜20ページの短く読みやすい文書やスライドにまとめることができるはずだ」と、Gartnerのバイスプレジデントアナリストのマーコ・メイナーディ氏は語る。「さらに、ビジネス戦略をクラウド戦略のよりどころとするとともに、クラウド戦略の実行者の指針としなければならない。クラウド戦略は他の戦略的な取り組みと共存させる必要があり、クラウド戦略を通じてこれらの取り組みをやり直そうとしてはならない」

 Gartnerは、ビジネスリーダーとITリーダーは、共同でクラウド戦略を策定する必要があり、策定に当たっては、以下の10の間違いを避けなければならないとしている。

1.クラウド戦略をIT(のみ)に関する戦略と考える

 クラウドコンピューティングはITのみに関するものではない。IT部門以外の人々もクラウド戦略の成功に不可欠なスキルと知識を持っている。「ビジネスリーダーとITリーダーは、IT中心の戦略を立案し、それをビジネス部門に『売り込もうとする』間違いを避けるべきだ。ビジネス部門とIT部門はクラウド戦略を定義する際に、対等なパートナーでなければならない」(メイナーディ氏)

2.出口戦略がない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。