AWS、生データを共有せずにデータ分析ができる「AWS Clean Rooms」を発表2023年初頭に提供開始予定

Amazon Web Servicesは、さまざまな業種の企業同士が基礎データを共有または提示することなく、データセットを組み合わせて簡単かつ安全に分析し、コラボレーションできる新しい分析サービス「AWS Clean Rooms」を発表した。

» 2022年12月02日 11時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2022年11月30日(米国時間)、さまざまな業種の企業同士が基礎データを共有または提示することなく、データセットを組み合わせて簡単かつ安全に照合、分析し、コラボレーションできる新しい分析サービス「AWS Clean Rooms」を発表した。

 AWS Clean Roomsは現在、プレビュー段階にあり、2023年初めに提供が開始される。

 AWSが新サービスを提供する背景には、広告やメディア、金融、ライフサイエンスなど、さまざまな業種の企業が自社データを外部のビジネスパートナーが持つデータで補完し、ビジネスの全体像を把握して、新たな展開につなげようとする動きが活発化していることがある。

 こうした企業はその一方で、消費者の機密情報を保護し、生データの共有を抑制または排除することも望んでいる。そのため、ユーザーレベルでパートナーにデータコピーを提供し、誤用の防止については、契約上の合意に依存している場合が多い。

 こうした課題を解決するため、複数の関係者がお互いの生データを見ることができない保護された環境で、データを組み合わせ、分析できるようにする技術として、「データクリーンルーム」がある。だが、データクリーンルームは、プライバシー管理や、関係者のデータを保護するツール、分析ツールなどの要件が厳しく、構築に時間がかかる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。