ニュース
» 2022年12月14日 08時00分 公開

ローコード/ノーコード開発ツールの市場シェア調査 「既存システムの機能追加」「レガシー移行」に適した製品は?ノークリサーチが調査結果を発表

ノークリサーチは、中堅・中小企業を対象に実施したローコード/ノーコード開発ツールに関する調査結果を発表した。それによると特定のツールに集中することなく、用途や企業規模などによってそれぞれ異なるツールを導入していることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ノークリサーチは2022年11月28日、ローコード/ノーコード開発ツールに関する調査結果を発表した。これは年商500億円未満の中堅、中小企業に勤め、情報システムの導入や運用管理、サービスの選定などに携わる人を対象に実施したもの。調査ではローコード/ノーコード開発ツールを「プログラミングが全く不要、または簡易なプログラミングによってアプリケーションを開発できるツール」と定義し、以下の6つに分類している。

  • 超高速開発ツール
  • PaaS(Platform as a Service)として提供されているもの
  • カジュアルデータベース
  • グループウェアと関連が深いもの
  • CRMや基幹系システムと関連が深いもの
  • iPaaS(Integration Platform as a Service)/データ連携ツール
画像 調査対象にしたローコード/ノーコード開発ツールの一覧(提供:ノークリサーチ

用途、企業規模などによって導入するツールは異なる

 導入済み/導入予定のローコード/ノーコード開発ツールについて聞いたところ、「導入済み」では「intra-mart Accel Platform」(15.1%、複数回答、以下同)と「GeneXus」(14.4%)のシェアが高かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。