「RPAやローコード/ノーコード開発をいかに進めるかが重要」 ベンダーや販社、SIerに向けてノークリサーチが提言中堅中小企業のIT活用のポイントを解説

ノークリサーチは、中堅中小企業に向けてIT活用を提案するに当たって、IT企業が留意すべきポイントを発表した。直近の課題解決とDXの観点から既存業務システムの改善を提案する必要があるとしている。

» 2023年01月11日 08時00分 公開
[@IT]

 ノークリサーチは2023年1月10日、中堅中小企業にIT活用の提案をするIT企業が留意すべきポイントを発表した。中堅中小企業はIT活用の規模や人材が限られているため、クラウドファーストや内製化などに向けた急激な転換が負担になっており、「オンプレミス、外注などへの回帰が起きている」とノークリサーチは指摘する。

「発展的な回帰」とは

 「クラウドファーストと内製化」からの回帰を裏付けるデータとして、同社は年商500億円未満の企業を対象に実施した「DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む際の基本方針」に関する調査結果を挙げる。

画像 DXへの取り組みに関する基本方針(提供:ノークリサーチ

 それによると「クラウドサービスを組み合わせて(業務システムを)構築する」よりも「既存システムを徐々に改善していく」と考えるユーザー企業の方が多かった。一方、「内製を増やして外注企業への依存度を下げる」という企業の割合は1割未満となっており、ノークリサーチは「多くの企業は、業種や業務を理解した販社やSIer(システムインテグレーター)を選ぼうとする傾向にある」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。