ローコード/ノーコード導入済み企業が実感した利点と課題 うわさ通りに簡単なのは?年商規模によって「利点」が異なるのはなぜか

ノークリサーチは中堅、中小企業が考えるローコード/ノーコード開発ツールの利点や課題に関する調査結果を発表した。それによると年商が大きい企業ほど「ユーザーの都合に合わせて修正できること」をメリットと考えていることが分かった。

» 2022年12月21日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ノークリサーチは2022年12月19日、ローコード/ノーコード開発ツールの活用について企業が考える利点や課題に関する調査の結果を発表した。なお調査では年商5億円未満の企業を「小規模企業」、年商5億〜50億円の企業を「中小企業」、年商50億〜500億円の企業を「中堅企業」と定義している。

「ユーザーがアプリを作れる」だけではない利点

 ローコード/ノーコード開発ツールの利点について聞くと、「ユーザーがアプリケーションを作成できる」という回答は(ローコード/ノーコード開発ツールを)導入済み企業で43.2%、導入予定の企業では23.1%だった。「ユーザーの要求仕様を自由に反映できる」については、導入済み企業が40.3%、導入予定企業が35.2%。「ユーザーの都合に合わせて改変できる」は、導入済み企業の30.9%に対して、導入予定企業が37.5%だった。

画像 ローコード/ノーコード開発ツールの利点(提供:ノークリサーチ

 「ユーザーの要求仕様を自由に反映できる」「ユーザーの都合に合わせて改変できる」は、導入済み企業と導入予定企業のどちらも3割以上の回答率があることからノークリサーチは「アプリケーションを自ら作成できるという点だけでなく、運用後も自社の要件を反映しやすいという点をユーザー企業は評価している」と分析している。

年商規模で「利点」が異なる理由

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。