ニュース
» 2023年01月17日 08時00分 公開

「2回以上やることが分かっているなら自動化したい」と感じるエンジニアは多い バルテスITエンジニアの得意不得意に関する調査結果を発表

バルテスは、エンジニアを対象に実施した「業務に関するアンケート調査」の結果を発表した。苦手あるいはやりたくないと感じる仕事の上位は「ルーティンワーク、手伝い」や「報告書などの文書の作成」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 バルテスは2023年1月16日、ITエンジニアを対象に実施した「業務に関するアンケート調査」の結果を発表した。この調査はバルテスが運営する品質向上プラットフォーム「Qbook」で企業や事業所に所属しているエンジニアを対象に実施し、161人から有効回答を得た。

プログラムが完成に近づく過程に喜びを感じる

 ITエンジニアが「得意」「やりたい」と感じる仕事について聞くと、「コーディング、実務、プログラミング」「要件定義/要求分析」「テスト」などが上位に並んだ。「コーディング、実務、プログラミング」を挙げた人の割合は9割(複数回答、以下同)を超えており、バルテスは「自分が作ったシステムが思った通りに動く、プログラムが完成に近づいていく過程に喜びを見いだしているようだ」と分析している。

画像 エンジニアが「得意、やりたい」と感じる仕事(提供:バルテス

 「『要件定義/要求分析』については、開発するシステムにどんな機能が必要か、何に注意しておくべきか、といったことを決めていくことに面白みを感じている人が多く、「テスト」についてはまだ世に出ていない製品に触れられる、新しいバグや不具合を発見し、製品の品質向上に貢献できることに喜びを感じている人が多いようだ」(バルテス)

2回以上やるなら自動化したい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。