仕事の範囲がさらに拡大? IDCが「今後のCIO」に関する10大予測を発表デジタルファースト時代のCIOの役割とは

IDC JapanはCIOの取り組みや課題に関する10大予測を発表した。同社は「CIOは改めて自らのミッションを見直し、デジタルファースト戦略実行のために自身が関わる業務範囲を定義すべきだ」としている。

» 2023年01月30日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2023年1月26日、CIO(最高情報責任者)の取り組みや課題に関する10大予測を発表した。

画像 プレスリリース

 IDC Japanによると、世界中の企業にDX(デジタルトランスフォーメーション)の考え方が広がっており、デジタル技術抜きではビジネス戦略を立てることはもちろん、日々の運用も難しくなっているという。こうした「デジタルファースト」の時代では、あらゆる企業でCIOやITリーダーの重要度が増す。

 一方、IDCが実施した調査「CIO Sentiment Survey 2022」によると、世界中のIT役員の74%が「CIOの役割を見直すべきだ」と回答している。従来と“これから”で、CIOやITリーダーに求められる役割は変わってきているようだ。

企業文化の変革などにも役割を広げるべきだ

 こうした背景を基に、IDCは全世界のCIOの取り組みや課題に関する予測を立てた。その中で取り上げられたのは以下の10項目だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。