2025年までにサイバーセキュリティリーダーの約半数が転職、主要因はストレス Gartnerが予測セキュリティ専門家へのサポートは必須

Gartnerは2025年までにサイバーセキュリティリーダーの約半数が転職し、25%が仕事に関連する複数のストレス要因から完全に異なる職務に就くという予測を発表した。

» 2023年03月01日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2022年2月22日(米国時間)、2025年までにサイバーセキュリティリーダーの約半数が転職し、25%が仕事に関連する複数のストレス要因から完全に異なる職務に就くという予測を発表した。

 「サイバーセキュリティの専門家は、持続不可能なレベルのストレスに直面している」と、Gartnerのディレクター・アナリストを務めるディープティ・ゴパール氏は述べている。

 「CISO(最高情報セキュリティ責任者)は、ハッキングされるか、されないかのどちらかしか考えられない状態で、サイバー攻撃の防衛に当たっている。この心理的な影響は、サイバーセキュリティリーダーとそのチームの意思決定の質とパフォーマンスに直接影響する」

 これらの動向とサイバーセキュリティのプロフェッショナルにとっての莫大(ばくだい)な市場機会を考えると、人材の入れ替わりはセキュリティチームにとって重大な脅威となる。Gartnerの調査によると、サイバーセキュリティプログラムがコンプライアンス中心なことや経営層の支援が不十分、業界全体の成熟度が低いことは、セキュリティリスクマネジメントがビジネスの成功にとって重要であると考えない組織の兆候だという。このような組織では、自分の影響力を実感でき、評価される職務に就くために人材が流出し、離職率が高くなる可能性が高い。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。