「最新技術を使う」ことは決まっているのにデータ活用の課題や目標が曖昧な日本企業が多い ガートナーデータとアナリティクスで成功するために欠かせない9つの役割

ガートナージャパンは、日本企業がデータとアナリティクスで成功するために欠かせない役割を発表した。プロフェッショナルで構成した強力なチームを作り、戦略的に取り組む必要があるとしている。

» 2023年03月27日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2023年3月23日、CDO(最高データ責任者)など、日本企業がデータとアナリティクス(D&A)で成功するために欠かせない役割を発表した。

画像 プレスリリース

ガートナーが示す「9つの役割」

 ガートナージャパンによると、データ活用に取り組むに当たって、課題や目標が明確でないにもかかわらず、何らかの外部リソースや最新技術を採用する前提で選定作業を繰り返している日本企業が多く見られるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。