ニュース
» 2023年04月04日 08時00分 公開

オープンソースFaaSプラットフォーム「OpenFunction」がv1.0.0に WebAssembly対応、CI/CD機能を強化クラウドに依存しない

クラウドネイティブなオープンソースFaaSプラットフォーム「OpenFunction」が、「v1.0.0」に到達した。新たにWebAssemblyをサポートし、CI/CD機能も強化された。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 OpenFunctionプロジェクトは2023年3月11日(米国時間)、クラウドネイティブなオープンソースのFaaS(Function as a Service)プラットフォームである「OpenFunction」が、v1.0.0に到達したことを発表した。

 OpenFunctionは、ランタイム環境の構築やインフラの保守が必要なく、ビジネスロジックに集中できるようにすることを目的としている。ユーザーは、ソースコードを関数の形で開発した後、プラットフォーム上にアップロードする流れだ。

OpenFunctionのアーキテクチャ(提供:OpenFunctionプロジェクト) OpenFunctionのアーキテクチャ(提供:OpenFunctionプロジェクト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。