“真のオープンソースMongoDB”を掲げる「FerretDB 1.0」が公開MongoDBのクエリをSQLに変換、PostgreSQLで実行

FerretDBは「真のオープンソースMongoDB」を掲げる「FerretDB 1.0」の一般提供を開始した。

» 2023年05月08日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 FerretDBは2023年4月11日(米国時間)、「FerretDB 1.0」の一般提供を開始したと発表した。

 FerretDBは、PostgreSQLをデータベースエンジンとして利用するMongoDB代替のオープンソース実装だ。MongoDBのクエリをSQLに変換するステートレスプロキシとして機能し、PostgreSQL上で、MongoDBのワークロードが実行できる。FerretDBは、MongoDBドライバと互換性があり、「MongoDB 6.0」以上の環境で利用できるとしている。

 Ferret 1.0では、「createidexes」コマンドや「Aggregation Pipeline」の機能拡張、サーバモニタリング用コマンドが追加されている。

なぜ「真のオープンソースMongoDB」とうたっているのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。