ニュース
» 2023年05月12日 08時00分 公開

「フリーランスを使うかどうか」の前に「会社が受け入れられるかどうか」が不安 レバテックITフリーランスに関する調査結果を発表

レバテックは、ITフリーランスとの取引に関する意識調査の結果を発表した。フリーランスの活用を検討中の企業のうち半数以上が「良い人材が見つかっていない」と回答。約3割が「受け入れ体制の不十分さ」を不安視していることが明らかになった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバテックは2023年5月9日、ITフリーランスとの取引に関する意識調査の結果を発表した。調査はIT人材の採用、調達に関わる企業担当者を対象に実施し、300人から有効回答を得た。

「受け入れ体制が十分ではない」

 調査結果によると、ITフリーランスを「活用している」と回答した企業の割合は21.7%、「検討中」は10.7%だった。フリーランスの活用を検討し始めた理由として最も多かったのは「社内の開発リソースが不足している」(81.3%、複数回答)だった。

画像 ITフリーランス活用を考えたきっかけ(提供:レバテック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。