Uber、ワークフロープラットフォームCadence v1.0.0を発表 その機能は?スケールと信頼性を追求し構築

Uberは、オープンソースのコード駆動型ワークフローオーケストレーションプラットフォーム「Cadence」の新バージョン「Cadence v1.0.0」のリリースを発表した。

» 2023年08月23日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Uberは2023年6月22日(米国時間)、「Cadence」の新バージョン「Cadence v1.0.0」のリリースを発表した。Cadenceはエンジニアがワークフローを大規模に簡単に構築および管理できるオープンソースのプラットフォームだ。同社が6年前から開発し、Uberを始めDoorDash、HashiCorp、Coinbaseなどの企業で1000を超えるサービスに利用されている。複雑なシナリオを処理するためにシームレスに拡張でき、開発者が選択したネイティブプログラミング言語を使ったワークフローの構築も可能だ。

Cadenceとは?

 Cadenceはオープンソースのコード駆動型ワークフローオーケストレーションプラットフォームだ。

 従来、ワークフローはタスクの順序と依存関係を定義するためにDSL(ドメイン固有言語)や設定ファイル(configs)で記述されてきた。この方法はワークフローオーケストレーションを簡素化する一方で、ユーザーがワークフローで行えることを制限し、DSLや設定が複雑化して実用的でなくなることがあった。ユースケースや複雑性の増大により、ワークフローにネイティブなプログラミング言語を使用してプログラムとして自由に記述する必要が生じ、Cadenceワークフローが登場した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。