連載
» 2023年09月25日 05時00分 公開

SD-WAN一択ではない! 進化した国産ルーターでWANを作る羽ばたけ!ネットワークエンジニア(69)(2/2 ページ)

[松田次博@IT]
前のページへ 1|2       

国産ルーターでここまでできる

 さて、SD-WANに対して最新の国産ルーターを使ったWANは、どの程度のことができるのだろうか。今回は企業ネットワークで広く使われているNECの「UNIVERGE IXシリーズ」とヤマハの「RTXシリーズ」を調査した。Webに公開されている情報を調べるとともに、IXシリーズについては実際に利用しているネットワークエンジニアへのヒアリングを行った。

 結論から書くと、NEC製ルーター、ヤマハ製ルーターともにSD-WANの主要4機能――ローカルブレークアウト、複数回線による負荷分散、アプリケーションごとのトラフィック監視/制御、ゼロタッチプロビジョニングが可能だ。NECは制御用ポータルとして「NetMeister」、ヤマハは「YNO」(Yamaha Network Organizer)を持っている。

 これらのルーターを適用したイメージを図3に示す。図2と見た目は同じだ。以下、図3にNECのIXルーター(以下、IX)を使ったと想定して説明する。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。