日本企業のDX取り組み状況は今どのくらい? ガートナーが2023年5月時点の調査結果を発表「開発を社外リソースに頼らざるを得ない企業も多い」

ガートナージャパンは、国内企業のDXの取り組みに関する調査結果を発表した。それによるとDXの取り組みにおいて、IT部門が主導する分野と非IT部門が主導する分野が分かれていることが分かった。

» 2023年10月27日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2023年10月26日、国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みに関する調査結果を発表した。それによると、DXに取り組んでいる企業の割合が最も高い分野は「既存ビジネスのコスト削減やオペレーションの効率化」(79.3%)だった。

画像 2023年5月時点のDX取り組み状況(提供:ガートナージャパン

ビジネスモデルの変革に関わる部分は事業部門が主導

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。