Dockerが生成AI競争に参戦 有識者が「可能性を感じるが拡張は必要」と指摘する要素とは?「コンテナに対応した仮想アシスタントは実は少ない」

TechTargetは、Dockerの生成AIに関する記事を公開した。Dockerは、LLMと「Docker AI」を使用するアプリケーション開発に役立つ“事前構築済みのツールセット”を携えて、生成AIという時流に乗り込もうとしているという。

» 2023年11月09日 08時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 2023年10月上旬、Dockerは事前構築済みの開発者ツールのセットと新しい「Docker AI(人工知能)」を携えて、生成AI競争に参入した。

画像 新たなツールを携え生成AIの開発競争に参入するDocker(提供:TechTarget)

 Dockerが頼りにするのは、生成AIモデルメーカーやHugging Face、OpenAIなどのホスティングプロバイダー、そして数百万人のアクティブな開発者ユーザーによってDockerのコンテナが広く使用されているという事実だ。DockerのCEOスコット・ジョンストン氏は生成AIの現状について次のように語る。

 「開発者コミュニティーは『生成AIには興奮させられる。見逃せないトピックだ』と言う。だが、不安の声は繰り返し聞こえてくる。『どこから手を付ければいいのか。安全面はどうなのか。そもそもわれわれは社外のサービスを使いたいのではなく、ノートPCのローカル環境で生成AIを試したいのだ』と」

 2023年10月上旬に「Docker Desktop」の「Learning Center」でリリースされた「GenAI Stack」はこうした声に応えるものだ。生成AIのアプリケーション開発者向けに一連のツールを「Docker Compose」でパッケージ化したもので、「GitHub」リポジトリで利用できる。Ollamaがサポートする事前構成済みのLLM(大規模言語モデル)、Neo4jのグラフデータベース、LangChainのGenAI開発フレームワークなどが含まれている。さらに、事前構築済みのレファレンスアプリケーションのセット(生成AIアシスタントと検索拡張生成<RAG:Retrieval Augmented Generation>アプリケーション)なども利用可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。