連載
» 2023年11月24日 05時00分 公開

企業が注目すべき4つのテクノロジーディスラプションGartner Insights Pickup(327)

今後、従来のビジネスを変えるテクノロジーディスラプション(創造的破壊)がさまざまな市場で起こるだろう。ITリーダーはこうした動向に精通し、それらがもたらす脅威と機会を理解することが重要だ。

[Ben Pring, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Insights」などのグローバルコンテンツから、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 今後数年の間に、さまざまな市場で従来のビジネスを一変させる可能性を秘めた多くのテクノロジーディスラプション(創造的破壊)が起こるだろう。ITリーダーはこうした動向に精通し、それらがもたらす脅威と機会を理解することが重要だ。

 今はまだ、こうしたデジタルディスラプションの一部は、はるか先のテクノロジーや絵空事に思えるテクノロジーから生じると予想される。一夜にして大きな変化が起こるわけではない。だが、ディスラプションを初期段階で無視すると、通常、その発展サイクルの後の段階で参入する場合の戦略コストや財務コスト、存続コストが高くついてしまう。

 ITリーダーは、以下の4つの主要なテクノロジーディスラプションに備える必要がある。

メタバースが業務エクスペリエンスを再構築

 メタバースは人間のエクスペリエンスを仮想化し、没入型のデジタル環境を提供する。ビジネスのさまざまな側面(財務モデル、売買、組織のスタイル、コラボレーティブなエクスペリエンスなど)にディスラプションをもたらす。仮想現実(VR)がこのディスラプションの中核であるため、メタバースを懐疑的に見ていると足をすくわれる恐れがある。VRは、メディアやエンターテインメントからビジネス上のやりとりまで、現実世界の多くの側面を包含し始めているからだ。

 ITサービスベンダーが業務エクスペリエンスにおけるVRのビジネス機会を捉えるには、プロセスやシステム、エクスペリエンス、インフラの再構築によって新たなVRの世界を実現し、最適化する方策を追求する顧客を支援する、コンサルティングおよび開発サービスの提供に力を注ぐべきである。

 例えば、オフィスを縮小した組織では、可用性が高く安全なVR環境が必要になる。なぜなら、スタッフが働き、顧客と触れ合う場となるからだ。市民に不可欠なサービスを提供する公共機関は、それらのサービスに簡単にアクセスできるようにする必要がある。VRを活用して物理的な部品を設計、製造しようとしているメーカーにおいては、テクノロジー的にアジャイルでない企業に対しテクノロジーリーダーが、新たなアプローチをリードする必要がある。

デジタルヒューマンがより人間に近づく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。