連載
» 2023年11月30日 05時00分 公開

Oracle Database 23cは「開発者に寄り添う」? 開発総責任者に聞いた生成AIにも(当然)対応

「Oracle Database 23c」が正式にリリースされた。この最新版Oracle Databaseは、アプリケーション開発をシンプルにすることがテーマなのだという。どういうことなのかを、開発総責任者に聞いた。

[谷川耕一@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 クラウドが主流の時代となり、Oracle Databaseは18cから毎年バージョンを更新するようになった。この年次リリースには「Innovation Release(革新リリース)」と「Long Term Release(長期リリース)」の2つがあるが、最新版の23cはLong Term Releaseだ。コンセプトは「App Simple」で、「開発者にとって使いやすいデータベース」を意味するのだという。

「コンバージドデータベースとAutonomousで開発者を楽にする」

 具体的にはどういうことなのか。

Oracleのデータベース開発担当シニアバイスプレジデント、ウェイ・フー氏

 「開発者の仕事を助けるテクノロジーは2つある」と、Oracleのデータベース開発担当シニアバイスプレジデント、ウェイ・フー(Wei Hu)氏は話す。

 1つ目は「コンバージドデータベース」だ。1つのデータベースであらゆるデータ型、あらゆるワークロードに対応する。開発者は用途に合わせてさまざまなデータベースを選択する必要はなく、運用管理もOracle Databaseだけを対象とすればいい。

 「全ての人がコンバージドデータベースを良いとは思っていないかもしれない」とフー氏は言う。実際、主要クラウド事業者など、用途ごとにさまざまなデータベースを提供する方針のベンダーは少なくない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。