ニュース
» 2023年12月11日 08時14分 公開

ランサムウェアを恐れるあまり、ストレージインフラが複雑化している ネットアップAI活用や地球環境への配慮も求められる

ネットアップは、調査レポート「2023 Data Complexity Report」を発表した。それによると「AIを使いたい」というニーズがクラウド移行を後押ししているという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ネットアップは2023年12月8日、調査レポート「2023 Data Complexity Report」を発表した。これは世界6カ国(米国、フランス、ドイツ、英国、インド、日本)のCレベル(経営幹部レベル)の経営層と技術、データに関するエグゼクティブを対象に、データに対する企業のニーズについて調査した結果をまとめたもの。

画像 プレスリリース

日本の81%がランサムウェアへの対応を優先

 レポートによると、日本の回答者の73%が既に生成AI(人工知能)を使用しているという。「AIや分析にパブリッククラウドサービスを利用している」と回答した割合は69%となっており、ネットアップは「AIがクラウド移行を後押ししている」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。