あなたの会社に「レッドチーム」はありますか? 実践形式のセキュリティ評価サービスの需要が高まるITRが国内レッドチームサービス市場を予測

ITRは、国内レッドチームサービス市場の規模推移と予測を発表した。2022年度の売上金額は、対2021年度比で30.9ポイント増の28億8000万円。2022〜2027年度の年平均成長率を11.1%と見込み、「2027年度の売上金額は約49億円に上る」と予測している。

» 2023年12月13日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アイ・ティ・アール(ITR)は2023年12月12日、国内レッドチームサービス市場の規模推移と予測を発表した。2022年度の売上金額は、対2021年度比で30.9ポイント増の28億8000万円。2022〜2027年度の年平均成長率(CAGR)を11.1%と見込み、「2027年度の売上金額は約49億円に上る」と予測している。

画像 2021〜2027年度のレッドチームサービス市場規模予測(提供:ITR

需要が高まるレッドチームサービス

 レッドチームとは、サイバー攻撃者が使うものと同じ手口で自社に攻撃や侵入を試みることで、セキュリティ対策の有効性を判断したり、脆弱(ぜいじゃく)なポイントを明らかにしたりするチーム、またはその手法のこと。セキュリティ製品の導入やポリシー策定といったセキュリティ対策の有効性を検証するために利用される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。