ニュース
» 2023年12月20日 08時00分 公開

KubeCon 2023から読み解く、KubernetesとAIの「現在と未来」Kubernetesに関するAIの話題や可観測性、持続可能性など

TechTagetは、Linux Foundationのフラグシップカンファレンス「KubeCon + CloudNativeCon North America 2023」に関する記事を公開した。Kubernetesに関するAIの話題や可観測性、持続可能性について議論が交わされた。

[Jon BrownTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 TechTagetは2023年11月22日(米国時間)、同年11月6〜9日に米国のシカゴで開催された「KubeCon + CloudNativeCon North America 2023」に関する記事を公開した。執筆したのはTechTarget傘下の調査会社Enterprise Strategy Groupでシニアアナリストを務めるジョン・ブラウン氏。IT運用とITの持続可能性を研究している。

画像 KubeCon + CloudNativeCon 2023の要点(提供:TechTarget)

 カンファレンスでは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)のプロジェクトの中でも多くの企業が採用している「Kubernetes」上のAI(人工知能)の現在と未来について、多くのプロジェクトの発表と、意見が交わされた。主なトピックはAIに関することだったが、それ以外にはクラウドネイティブの可観測性(オブザーバビリティ)と持続可能性(サステナビリティー)の高度化についても活発な議論が展開された。

オブザーバビリティ

 話題となったのは「OpenTelemetry」だ。これはテレメトリーデータを標準化するために、テレメトリーデータを計測、生成、収集、エクスポートするために使用されるツール群のこと。TechTargetのEnterprise Strategy Groupの調査によると、ほとんどの組織がテレメトリーデータの作成と収集に複数のツールを使用している。データが標準化されることで、相互運用性が向上し、新しいソリューションの導入が容易になるからだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。