連載
» 2023年12月28日 05時00分 公開

AIが意外とできない“簡単な”お仕事「CLOVA note」サイコー!

2023年は、AIの得手不得手がある程度明確になった1年でした。来年は精進して私の仕事をもっと奪ってほしいものです。

[岡田有花@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 2023年が終わりますね。今年のIT的な話題といえば、やっぱり生成AIです。

 2022年後半から画像生成AIが大きな話題になり、同年11月末に「ChatGPT」が登場。「AIが人間の仕事を奪う」などとも言われました。フリーライターの筆者は「いよいよ、自分の仕事がなくなってしまう」とメンタルが不安定になり、カウンセリングでその不安をぶちまけていたぐらいです。

 あれから1年。「あの不安は何だったんだろう」と思うぐらい、筆者の仕事は変わっていません。むしろ、生成AIのおかげで楽になったり、楽しくなったり、これまで難しいと思っていた新たな分野に挑戦できたりしています。逆に、「これはAIにもできるかも?」と思った仕事が意外と全然できなくて、びっくりしたりしています。

AIが得意な仕事は

 例えば、英語ソースが多い分野の原稿を依頼されたときに、「Bingチャット」を使って英文の検索結果を日本語にしてもらいながら調べることで、不安なく取り掛かれるようになりました。長文の概要をつかむとき、ChatGPTにいったん要約してもらって概要をつかんだ後に本文を読み込むと、理解しやすくなります。

 インタビューの仕事でもAIが活躍します。「CLOVA note」によるAI文字起こしは最高。精度が高く、IT系のキーワードや固有名詞も拾ってくれる上、話者を書き分けてくれ、話者アイコンが「LINE FRIENDS」のクマちゃんなどかわいいのもすてき。書き起こしが段落で分かれていて、タップするだけでその部分の音声が再生されるのも最高です。しかも無料。やばい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。