ニュース
» 2024年01月12日 08時00分 公開

GitHubの認定資格プログラム、誰でも参加可能にGitHubエキスパートとしてのスキルをアピールできる

GitHubは、これまで従業員とパートナーに限定して提供してきた「GitHub Certification」(GitHub認定資格)プログラムの一般提供を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2024年1月8日(米国時間)、これまで従業員とパートナーに限定して提供してきた「GitHub Certification」(GitHub認定資格)プログラムの一般提供を開始し、誰でも参加できるようにしたと発表した。

 GitHubによると、同日から、GitHub Certificationの登録サイトにアクセスし、学習や試験準備を始められるようになった。

 GitHub技術の習熟度を証明するGitHub Certificationを取得することで、GitHubエキスパートとしてのスキルをアピールでき、市場で必要とされる競争力を得ることができると、GitHubは述べている。

 認定資格試験はPSI(試験センターの運営企業)との提携の下で、各地の試験会場やオンラインで実施されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。