【 New-Partition 】コマンドレット――ディスク上にパーティションを新規作成するWindows PowerShell基本Tips(95)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「New-Partition」コマンドレットを解説します。

» 2024年02月22日 05時00分 公開
[後藤諭史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、コンピュータに接続されたディスク上にパーティションを新規作成する「New-Partition」コマンドレットです。

New-Partitionコマンドレットとは?

 コンピュータに接続されたディスクにファイルやフォルダといったデータを書き込むには、幾つかの準備作業が必要なことは改めて説明する必要はないでしょう。

 ディスクがコンピュータにデバイスとして認識された後、OSで扱うために「パーティション」と呼ばれる論理区分をディスク上に設定し、フォーマット作業を実施することで、初めてファイルやフォルダなどの書き込みができるようになります。

 New-Partitionコマンドレットは、コンピュータに接続されたディスク上でパーティションを新規作成するコマンドレットです。ディスクのフォーマット後、パーティションを作成する際には、コンピュータが使用可能となるボリュームの容量やドライブレターを指定することになるので、ディスク操作においても非常に重要なコマンドレットです。

New-Partitionコマンドレットの書式

New-Partition [オプション]


New-Partitionコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-DiskNumber パーティションを作成するディスクの番号を指定する
-Size 作成するパーティションのサイズを指定する。「-UseMaximumSize」オプション指定時には省略可能
-UseMaximumSize 最大容量を指定してパーティションを作成する。「-Size」オプション指定時には省略可能
-DriveLetter パーティションに割り当てるドライブレターを指定する。省略可能
-GptType 「GPT」(GUIDパーティションテーブル)形式のディスク上に作成するパーティションの種類を「GUID」(グローバル一意識別子)で指定する。省略可能
-MBRType 「MBR」(マスターブートレコード)形式のディスク上に作成するパーティションの種類を指定。省略可能

パーティションを新規作成する前提条件

 コンピュータに接続されたディスク上にパーティションを作成する際には、「ディスクの初期化」作業が必要となります。

 GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)の「ディスクの管理」ツールでもディスクの初期化は可能ですが、PowerShellで初期化する場合は本連載第93回で紹介した「Initialize-Disk」コマンドレットを使用します。

 初期化されていないディスクに対してNew-Partitionコマンドレットでパーティションを作成しようとしても、「初期化されていない」というエラーが発生し、パーティションを作成できません(画面1)。なお、New-Partitionコマンドレットは、管理者権限で実行する必要があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。