連載
» 2023年12月15日 05時00分 公開

【 Initialize-Disk 】コマンドレット――コンピュータのディスクを初期化するWindows PowerShell基本Tips(93)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Initialize-Disk」コマンドレットを解説します。

[後藤諭史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、コンピュータに接続されたディスクを初期化する「Initialize-Disk」コマンドレットです。

Initialize-Diskコマンドレットとは?

 コンピュータに新しい物理ディスクを接続した際、そのままではWindows OSからディスクとして参照することはできないため、必ず初期化作業が必要となります。GUIであれば「ディスクの管理」ツールから初期化を実施します。新しいディスクを接続して初めてツールを起動した際、以下のような画面を見たことのある方は多いでしょう(画面1)。

ALT 画面1 GUIツールから行うディスクの初期化

 まさにこの画面で実施する作業が「ディスクの初期化作業」です。初期化作業によってコンピュータからディスクへのアクセスが可能になり、データの格納領域となるパーティションを作成できるようになります。

 Initialize-Diskは、このディスクの初期化作業をPowerShellで行う際に使用するコマンドレットです。ディスクの初期化は、前述のように新しいディスクをコンピュータに接続した場合や、本連載第92回で紹介したClear-Disk」コマンドレットで全データを消去したディスクを再利用する際に必要な作業となります。

 なお、本コマンドレットではパーティション形式としてMBR(マスターブートレコード)またはGPT(GUIDパーティションテーブル)が指定可能ですが、この両者の詳細に関しては@ITの記事「Tech TIPS:Windowsディスクのパーティションとは? 〜その作成/変更前に押さえておくべき基礎知識〜」を参照してください。

Initialize-Diskコマンドレットの書式

Initialize-Disk [オプション]


Initialize-Diskコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-Number 初期化したいディスクの番号を指定する。「-UniqueId」オプション指定時には省略可能
-UniqueId 初期化したいディスクのユニークIDを指定する。「-Number」オプション指定時には省略可能
-PartitionStyle パーティション形式(GPT/MBR)を指定する。省略可能

ディスクを指定して初期化する

 ディスク番号のみを指定してInitialize-Diskコマンドレット実行した場合、指定された番号のディスクが初期化されます(画面2)。なお、本コマンドレット実行時には管理者権限が必要となります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。