12業種中7業種の求人数が増加 パーソルキャリアが2024年3月の転職求人倍率レポートを公開「コンサルティングや人材サービスの不足感が続く」

パーソルキャリアは「doda転職求人倍率」を発表した。2024年3月の転職求人倍率をまとめたもの。「コンサルティング」や「人材サービス」の求人倍率は8倍超えており、不足感が続いている状況だ。

» 2024年04月22日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パーソルキャリアは2024年4月18日、2024年3月の「doda転職求人倍率」を発表した。これは、パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」の会員登録者(転職希望者)1人当たりの中途採用求人数で、同社は「中途採用市場での需給バランスを表す」としている。それによると、2024年3月の転職求人倍率は対2024年2月比で0.10ポイント増の2.77倍だった。

画像 dodaの転職求人倍率、求人数、転職希望者数のグラフ(提供:パーソルキャリア

 求人数は、対2024年2月比で0.4ポイント増(100.4%)、対2023年3月と比べると20.4ポイント増(120.4%)だった。転職希望者数は、対2024年2月比で3.3ポイント減で96.7%、対2023年3月比では2.2ポイント減の97.8%だった。

2024年4月の求人数は「横ばい」か「微増」

 業種別で求人数の変化を見ると、前月(2024年2月)から増えたのは12業種中7業種。増加率が高かった上位2業種は、「コンサルティング」と「人材サービス」だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。